スキップしてメイン コンテンツに移動

【質問です】多様性の環境の中、フィードバックで重要な3つのAとは?

  

【質問です】多様性の環境の中、フィードバックで重要な3つのAとは?

 

 

-----------------------------------------------------

2003年の創刊以来、20年間 

ハーバードビジネスレビュー

から珠玉の一行をお届けして参りました。

ずっと同じ雑誌を読み続けることで未来の経営が見えて来ます。

-----------------------------------------------------

 

 

【質問です】多様性の環境の中、フィードバックで重要な3つのAとは?

 

 

多様性がフィードバックと出会うとき

 

近年、Google、Bridgewater、Netflix などの企業の主要経営陣は、

率直なフィードバックを特徴とする労働環境の利点を宣伝しています。

 

従業員もこのベネフィットに同意しているようです。

 

2019年の調査では、94%が修正フィードバックが

適切に提供された場合にパフォーマンスが向上したと回答しました。

 

残念ながら、職場の多様性が高まったことで、

フィードバックがうまく伝わらず、敵意のある行為として

誤解される可能性が非常に高くなりました。

 

それは、文化、性別、世代が異なる人々が、

誰によってどのようにフィードバックが提供されるかについて

の期待が異なるためです。

たとえば、アメリカでは標準的なものでも、他の国では厳しい、

または不可解に映る可能性があります。

 

団塊の世代とミレニアル世代は、何が適切であるかについても

根本的に異なる考えを持っています。

 

そして、性差がさらに複雑さを増します。

率直な女性は攻撃的だと見られることが多く、

男性は歓迎されないアドバイスをする悪い傾向があります。

 

この記事では、意見の相違を乗り越える方法について説明します。

フィードバック受信者の基準を理解し、それに合わせて調整します。

 

 3 つの A に従ってください。

 

最後に、共通のアプローチを確立し、コラボレーションに

定期的なフィードバック ループを構築することで、

チームの全員が同じ認識を持つようにします。

 

 

【質問です】多様性の環境の中、フィードバックで重要な3つのAとは?

 

 

 

 

▼質問の答えは下記のメルマガ 今回の注目フレーズにて。

https://www.mag2.com/m/P0001355

 

■ When Diversity Meets Feedback

FEEDBACK MAGAZINE ARTICLE

Erin Meyer

 

▼出所

https://hbr.org/archive-toc/BR2305

 

 

 

=============================

 

 

■今回の動画1 今回の著者 Erin Meyer Low Context vs High Context Societies

https://youtu.be/r-uUUMxt390?si=SEhYmmZrvDBN4mOM

 

 

 

 

■今回の動画2 なぜNetflixは評価による変動報酬を出さないのか?今回の著者 Erin Meyer Why Netflix Doesn't Implement KPI's | Erin Meyer With Jacob Morgan

https://youtu.be/LnsG-Jx4Rsw?si=cGwZMcKm9CdxjECb

 

=============================

▼写真の出所:

Unsplashcharlesdeluvioが撮影した写真

コメント

このブログの人気の投稿

【アメリカ人事】第280号 Exemptの給与を差し引くことは可能なのか?

 【アメリカ人事】第280号 Exemptの給与を差し引くことは可能なのか?   280号【アメリカ人事】月刊フィロソフィ ニュースレターをお届け致します。 1.今月のトピックは? 【アメリカ人事】第286回 Exemptの給与を差し引くことは可能なのか? https://youtu.be/X51MD85Wk5Q   ★MUFG BizBuddy会員限定★ 【アメリカ人事】職場での銃乱射事件にどう備えるか? https://www.bizbuddy.mufg.jp/ame/nor/management/2305/entry106119.html   ▼最新ニュースは下記のリンクから https://philosophyllc.com/category/news/     【無料】 Zoom HRライブ 6/8/23(THU) 4:00pm-4:30pm 皆さんからいただいた質問にお答えします。 ▼お申込は下記のリンクから 今すぐ! https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_E_K8yY8ZSPWnTT-Bpowo6g#/registration     2.フィロソフィとアメーバを両輪で   【無料】Zoomライブ (毎月第3水曜日開催) 6月 値決めは経営 https://www.kyocera.co.jp/inamori/about/manager/twelve/   +お金のブロックパズル https://jcfca.com/media/kiziitiran/692.html/   ▼お申込は下記から(出張中のため時間未定です) https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_funhOsDnSQu4nPKRLUnMPg     ▼事前の御質問は下記のメールにお寄せ下さい。 yamaguchi@yourphilosophy.net     ▼【仲間を募集】アメリカでキャッシュフローコーチになりたい方へ https://www.jcfca.com/coach.html     3.当たり前のことを繰り返し続けることで強くなる。 ▼なかなか人事の問題はかっこよく解決というわけにもいかないことが沢

【人事戦術】10/03/23(TUE) この1週間、皆様からの質問は?

  【人事戦術】10/03/23(TUE) この1週間、皆様からの質問は?   このブログでは質問のみ掲載しております。同様の質問がございました顧問契約のメンバーの皆様はお気軽に下記のemailまでお問合せいただけると幸甚です。 yamaguchi@yourphilosophy.net ▼【アメリカ人事】フィロソフィ顧問契約サービスについては下記のリンクをご覧下さい。 https://philosophyllc.com/service/ Date Category State Topic 会員区分 9/26/23 COVID-19 CA 現在のCOVID-19の対応について Silver 9/26/23 Final Paycheck CA Fnial Paycheckを郵送する場合の許諾レターについて Bronze 9/27/23 Offer Letter CA オファーレターのレビュー Bronze 9/29/23 Offer Letter CA オファーレターのレビュー Bronze 9/29/23 Vacation CA 特定の個人にだけVacationの条件を変えてもよいか? Bronze 10/2/23 Recordkeeping CA Workers CompのAppealにて人事関連記録の提出は必要か? Bronze 10/2/23 Benefit CA 40才以上の人だけにベネフィットを出すのは可能でしょうか? Bronze 10/2/23 OPT CA OPTの従業員にもベネフィットを提供すべきでしょうか? Bronze 10/2/23 Termination CA 解雇の相談 Bronze 10/3/23 Subpoena CA Workers comp appeal subpoenaのドキュメント準備について Bronze   ============================================================   ▼Kindle本【アメリカ人事】HR基礎講座 採用編 https://tinyurl.com/2jnjv9u6 ▼今ならメルマガ登録でプレゼント中 https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle   ▼LINE公式はこちらから https

アメリカ人事 ★2024年の昇給は何パーセントか?(1)

  2024年の昇給は何パーセントか?(1)   2023年6月29日、WTW (Willis Towers Watson)の調査が発表され、2024年の各企業の昇給予算についての結果も発表された。 ▼出所: https://www.wtwco.com/en-us/news/2023/06/us-employers-anticipate-2024-pay-raises-to-remain-high-as-labor-market-challenges-remain-wtw-survey   【昇給予算】 2024年の昇給予算は4%という数字である。昨年の4.4%に比較すると減少しているものの2021年の3.1%と比較すると引き続き高い値を示している。 各企業の動向をみても70%の企業が昨年よりも昇給予算を多めにとっているという。   【昇給の背景】 昇給の要因としては60%の企業が物価上昇を挙げている。   【採用と雇用維持に関わる問題】 51%の企業が従業員の採用と維持が困難だと考えている。 2024年は労働市場がもっと採用しやすくなるだろうと考えている企業は36%に留まっている。   【現金報酬での解決策】 50%は報酬を従業員グループごとにレビューしている そのうち28%は実際に報酬の見直しを計画中。   44%より高い報酬レンジでの採用を実施 43%は採用時のサラリーレンジ自体を上方修正 42%は全従業員のサラリーを見直し 40%は継続雇用等のボーナスを用意   【非金銭的な解決策】 ■DEI(Diversity, Equity, Inclusion=多様性、公平性、包括性) 59%はDEIの拡大を計画中 うち25%は実際にDEIの拡大を実施中   ■職場環境やExperience(仕事を通じた経験・スキルの習得) 58%はハイブリッドワーク等の柔軟な職場環境を提供 46%は従業員のExperienceを充実することを検討 うち41%は実際に従業員のExperienceの充実することを実践中   ■ベネフィットやトレーニングへの投資 36%は医療保険等のベネフィット改善を行う 33%はベネフィットを含めた報酬システムを見直し 43%はベネフィットを含めたトータル報酬予算を増額 26%はトレーニングを提供   【コメント】 ▼Pay Transparencyの